野々宮神社の獅子舞

埼玉県では多くの神社の祭りで獅子舞が奉納されています。
奥武蔵、日高市野々宮の獅子舞を紹介します。

獅子舞ブログ

プロフィール写真

獅子舞ブログ

練習や当日の様子をアップしたいと思います

MORE

お祭りは多くの人の力で成り立っています。
神社の氏子としてお祭りに参加してくださる方を募集しています。
まずはお祭りを見に来て、声をかけてください。

さまざまな役者たち

獅子のほかにもいろいろな役があります

獅子の一行

  • 棒使い・貝吹き

    棒使いと貝吹き

     棒使いは墨で立派な髭を描き、六尺ほどの棒を持って獅子舞の行列の先頭に立ちます。皆が進む先の要所で、貝吹きが法螺貝を吹き鳴らすと、棒使いが棒術をします。魔を払う意味があるそうです。棒使いは小学校の高学年程度で勤めます。

  • おかめ・天狗

    おかめと天狗

     おかめと天狗と言っていますが、おかめは宇須女、天狗は猿田彦という神だそうです。それぞれ面を付けて、おかめは鈴を、天狗は矛を持って一緒に歩き、獅子が舞っている間は傍らで見ています。

  • ささらっこ・はいおい

    おかめと天狗

     ささら(ささらっこ)は女の着物を着て笠で顔を隠していますが、中は小学校中学年程度の男子です。竹で作った「すりざさら」という楽器で伴奏をし、演目によっては障害物の様な役割もします。また、ささらがいる事で獅子舞が視覚的に華やかになります。あまり動けず、つらい役割なので、みなさんほめてあげてください。
     はい追いはカメラマン達の人気者。小学一年生前後の小さい子が顔に立派な髭を描き、手には軍配と男根の作り物を持って、獅子の後について真似をするものです。真似をしているうちに、足どりや笛の曲をおぼえてしまいます。

  • 獅子

    おかめと天狗

     雌一、雄二の三頭の獅子で、雌は「中獅子なかじし」又は「女獅子(雌獅子)めじし」と呼び、雄の黒い方を「前獅子まえじし(さきじし)」、緑の方を「後獅子あとじし」と言います。中獅子は歩いているときには獅子の先頭にいるのですが、舞うときには雄の間に入るのでこう呼びます。
     獅子頭は舞い手の頭部にくくりつけ、腹に太鼓を付けて両手にバチを持って打ちながら舞います。また中獅子だけはどの演目でも終始太鼓を打ち続けているので、皮の締まり具合のよい、音のよい太鼓を選んで付けます。
     獅子だけは演目ごとに人が交代するので、現在は中学生程度から大人まで獅子役が十数人揃っています。獅子になりたての人を「新習い」といい、「宮参り」から始めて順にあとの曲をつとめるようになります。以前は前獅子の人は前ばかり、後獅子の人は後ばかりをするというように、自然と専門が決まっていたのですが、近年は全体を覚えられるように入れ替えるようにしています。

  • 笛・仲立

    笛

     笛を吹く役は、以前は大人の役割で、かつて獅子をしていた人も多くいました。近年は子供や女性も入って若やいできています。笛の責任者は親笛といいます。
     仲立は獅子舞の責任者であり、全体を取りまとめる役です。以前は社務所内に、歴代仲立の肖像写真を掛けていたほどの役割です。
     仲立と親笛には特別の半纏があります。

つけまつり

  • やきそば

    焼きそば

    お祭りの軽食と手土産の定番。やきそば名人が心をこめて焼いています。

  • わたあめなど

    こどもに大人気のわたあめ!お手ごろ価格でご奉仕。
    そのほか、ジュースや水ヨーヨー釣りなどもあります。

    水風船

  • わなげ

    わなげ

    これがなくては話にならない。ぜひ遊びに来てください。
    写真はまだ準備中のところです。お祭りの間はとってもにぎやかです。

お祭りは多くの人の力で成り立っています。
神社の氏子としてお祭りに参加してくださる方を募集しています。
まずはお祭りを見に来て、声をかけてください。

© 2012 NOGUCHI Takayuki. All rights reserved.