野々宮神社の獅子舞

埼玉県では多くの神社の祭りで獅子舞が奉納されています。
奥武蔵、日高市野々宮の獅子舞を紹介します。

獅子舞ブログ

プロフィール写真

獅子舞ブログ

練習や当日の様子をアップしたいと思います

MORE

獅子舞の演目

獅子たちの舞には物語があります。

宮参り

まつりの始まり

 祭りの一番はじめ。宮司や役員、獅子舞の一行が社務所前を出て神社にお参りをするまで。獅子の役になって最初に勤める演目です。
 ●法螺貝が鳴り、棒使いが先頭で棒を打ち合わせ、獅子舞の一行が歩きだす。 ●行く道のところどころでも、法螺貝を鳴らして棒使いが打ち合わせる。 ●鳥居をくぐるところから笛が変わり、獅子が踊り始める。 ●社殿の前に来たところで、獅子が三頭横に並んで、社殿にお辞儀。 ●社殿のまわりを一周し、前にもどってきたところでまたお辞儀をし、社務所前に帰る。

竿がかり

障害を乗り越え、雌獅子の元へ行く雄獅子

竹竿の向こう側へ入ってしまった女獅子のところへ行くべく、二頭の雄が竿にかかって行きます。太い竹竿を前に獅子が狂う様子は見栄えがします。本来は宮参りと続けてやっていたものを分けたものです。
 ●社務所前を出て社殿前でお辞儀。近くの土俵を一周してもどる。 ●社殿前には太い竹竿が横に渡してあり、しばらくすると女獅子がその向こうに行ってしまう。 ●前獅子から交互に、竿にたいして〔見る,触る,角すり,噛む,転がる〕などの動作をする。 ●前獅子は先に竿の下をくぐって向こう側へ行くが、後獅子は入る事ができず、一層激しく竿にかかる。 ●後獅子も竿をくぐることができ、三頭で三つ巴の様に踊り〔ちらし〕、のちに社殿にお辞儀。 ●〔引き〕という所作をしてから、社務所前に帰る。

雌獅子隠し

絶えて久しい演目が復活

 昭和五十年ごろから四十年近く行われていなかった演目ですが、復活の機運が高まり、ようやく平成二十七年に復元上演となりました。
 ●社務所前を出て社殿前でお辞儀。 ●獅子は静かな単調な動作になり、その間に幾つかの短歌形式の歌がうたわれる。 ●調子が賑やかになり、四方に立つささらが中心に寄ったり離れたりし、獅子がその外側や内側をめぐって花見をする。そのうちに雌獅子がささらの中に隠れてしまう。 ●二頭の雄獅子はそれぞれ雌獅子を探す。 ●前獅子が雌獅子を見つけ、後獅子はさらに探し続ける。 ●前獅子は雌獅子をみつけられぬよう、後獅子が来ると激しく追い返す。 ●後獅子は探しまわるうちに、前獅子が雌獅子を隠しているのではないかと怪しむ。それに気づいた前獅子は見せまいとする。 ●後獅子はささらの中の様子をうかがい、遂にささらの隙間から中に入り、前獅子を追い出して雌獅子を奪い取る。 ●前獅子はささらの周囲を回っては後獅子に追い払われる。 ●三頭で〔ちらし〕をしてお辞儀。 ●〔引き〕をしてから社務所前に帰る。

願獅子・笹がかり

二頭の獅子が蛇をくわえて勇壮に狂う

 「願獅子」は、獅子に諸々の願いを託して社殿を五周まわるものです。  それから続く「笹掛り」は、通称「蛇」とも言います。「竿掛り」と同様に、二本の笹に渡したしめ縄に、蛇の作り物がからまっていて、その向こう側に女獅子がいってしまいます。雄の獅子が蛇に跳びかかり、さらに蛇を呑むという筋です。全体に動きがかなり激しく、体力の限界に挑みます。野々宮の獅子舞の目玉演目といったところです。
 <願獅子>●社務所前を出て社殿前でお辞儀。社殿を五周か七周まわり、一周ごとに前でお辞儀。  <笹掛り>●社殿前で踊りはじめ、しばらくすると女獅子が蛇の向こうにいってしまう。 ●前後の獅子が揃って〔見る,触る,噛む〕をし、最後に真ん中から〔噛み分け〕をして、二頭で蛇の頭と尾をくわえる。 ●蛇をくわえたまま向かい合って廻り、途中で前、後の順に蛇を呑み、最後に前獅子が呑み込む。 ●三頭で〔ちらし〕をして、のちに社殿にお辞儀をし、社務所前に帰る。

花すり

雄獅子二頭が雌のとりあい

雌獅子を前獅子と後獅子が取り合う筋ですが、激しい闘争はしません。雌が一頭の雄といるところに、もう一方の雄が花を持って来て、雌といる雄をおびき出し、そのスキに入れ替わってしまうというものです。笛や太鼓の打ち方などが音曲的で、動きは派手ではありませんがなかなか複雑になっています。
 ●先と同様に社務所前を出て、社殿前でお辞儀をする。 ●獅子は静かな単調な動作になり、その間に幾つかの短歌形式の歌がうたわれる。 ●調子が賑やかになり、獅子がささらの間を通って花見をする〔すり違い〕になる。 ●ささらが中心に集まり、雌獅子が中に入る。社殿側で前獅子と女獅子が向き合って太鼓を打ち、後獅子がささらの周りを回り始める。 ●一周ごとに後獅子は前獅子に当たって行くが、追い返される。 ●後獅子が花を持って来ると前獅子がそれを追い、前獅子は花を取るが後獅子は女獅子を取る。 ●前獅子が同様のことをして、女獅子を取り返す。 ●後獅子が追い出されたところで〔ちらし〕に変わり、お辞儀をして〔引き〕をする。 ●花すりが最後の演目なので、少し遠回りをして社務所前に帰る。終わってから、別に法螺貝を鳴らし、棒使いが棒を打ち合わせて獅子舞が終了。

番外

飛び入り歓迎です

こども相撲大会

境内に江戸時代からある土俵で、こどもの相撲大会。

神社の境内には、江戸時代に古式にのっとって作られた土俵があり、市の文化財に指定されています。
獅子舞が終わったあと、夕方に、ここですぐに相撲大会が始まります。
勝っても負けても、お菓子やノート、ジュースなどがもらえます。男の子でも女の子でもOK。ぜひ参加してください。

© 2012 NOGUCHI Takayuki. All rights reserved.